うすうす感じていたこと

日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書)遺伝学の本ですが、筆者が教育心理学者でもあることもあり、多分に教育についても語られてる本です。

内容については「はじめに」からの引用で。
「みなさんがうすうす当たり前と感じながら、それに科学的な根拠があることがあまり知らされていないので、それがほんとうに科学的に当たり前であることを伝えたかったから」この本を書いたそうです。たとえば

才能には遺伝がかかわっていること、
収入にも遺伝がかかわっていること、
才能に気づき育てるには経験と教育が必要であること、
しかしそれはいまの学校教育の中で必ずしもできるわけではないこと、
それは知能や学力に遺伝の影響が大きいからだということ、
学校は遺伝的な能力の個人差を顕在化させるところだということ、
でもこの世の中は学力がすべてではないこと、
学力とは異なる遺伝的才能を生かした人たちでこの世界は成り立っていること、
才能のないところで努力してもムダだということ……。

「誰でも努力すれば勉強はできるようになる」と信じられているけど絶対そんなことないよな、と薄々感じてる人は多いと思う。やっぱ持って産まれた才能ってあります。「努力できるというのが才能」という言い方もできますが、数学的な考え方をすぐ理解できる人・できない人ってやっぱりいます。どういう環境で育ったってだけではない。
それをデータを使ってきちんと解析しましたってお話。

「科学的な根拠」は双生児法を使ったデータです。ざっくり言うと「一卵性双生児と二卵性双生児の類似性を比較する」というのが双生児法。「双子の研究たって同じように育てられるんだから、遺伝と環境の影響を分離するのは困難なのでは?」と今まで思っていたけれど、なるほど、二卵性と一卵性とを比較するんですね。一卵性双生児は遺伝子が100%同じ、二卵性の遺伝子は50%類似、ということを利用する、と。

ところで、印象に残ったのはこの文。

私自身は元々、強固な環境論者でした。「才能は生まれつきではない」「人は環境の子なり」をスローガンにしたヴァイオリンの早期教育、スズキメソッドの創始者鈴木鎮一氏の思想に深く傾倒し、教育学の卒業論文テーマひ選んだほどです。

だそうで。ここでいきなりスズキメソードが出てきたのにもびっくりしましたが、スズキメソードのスローガンも知らなかったし、何より著者が元々環境論者だった、というのを知り、この本の信憑性が高まった感じがしました。

「親が子供のためにすることは無駄ではないけど、能力はある程度遺伝で決まってるのだから、どうしようもない点もある」というのは子育てするに当たって知っておくと、気が楽になるなぁ、と思いました。
他にも色々書かれていますが、まぁ要は「はじめに」の↑で引用した内容です。

行動遺伝学という分野は初めて知りましたが、面白いですね。他の本も読んでみようかしら。

ノット&東響:ベト3ほか

楽しみにしていたノットさんの英雄。

  • ジョナサン・ノット&東京交響楽団 12/2(sat)18:00play@サントリー
    • リゲティ:ハンブルク協奏曲 ~ ホルンと室内アンサンブルのための (Hr. クリストフ・エス)
    • シューマン:4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュテュック 作品86 (Horns ジャーマン・ホルンサウンド)
      [encore]ブルックナー (M.ヒルツェ編):4本のホルンのための3つのコラールよりアンダンテ
    • ベートーヴェン:交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」

中プロも面白そう!くらいの気持ちだったのですが…、いや、素晴らしかった。
当然シューマンのこの曲は初めて聴きましたが、シューマンシューマンしてるけど、4本のホルンのハーモニーが素敵な曲でした。なによりジャーマン・ホルンサウンドがすごい。日本で演奏会やって欲しいけど情報なし…。でもYouTubeのチャンネルを発見。

素晴らしい。

アンコールまで披露してもらって、もう中プロだけで大満足でしたが、メインは英雄。
期待通りの熱い素晴らしい演奏。ホルン、ジャーマン・ホルンサウンド聴いた後じゃ聴き劣りしちゃうよね…と思いきや、全くそんなことなく。3楽章のトリオを始め、どの部分も良かったです。あと東響と言えば(?)ファゴット福士さん。今日も豊かなうっとりする音色を奏でていて癒されました。私がファゴットにこんなに注目するなんてなかなかありません (木管だからそれなりによく聴いてはいるけどね…)。あと、フルート相澤さんもいい…。
東響良いですね。現状では夜の演奏会に毎月行くのは厳しいので、来シーズンは東響定期パスしちゃったのですがやっぱり買えば良かったかなー、他のシリーズ買おうかなー?なんて思ってしまいました。

プログラミング言語

プログラミング言語図鑑図書館で目に止まって借りてみました。
タイトル通りの本です。1つの言語が見開き2ページずつで紹介されています。特徴と、キーワード、あとハノイの塔のプログラム。他に、プログラミング言語自体の歴史や、基礎知識も開設されてます。プログラミング全くやったことない人がどの言語使おうかな?と思ったときに、この本を読んで選べるか…はちょっとわかりませんが、浅く広い内容で私には何となく勉強になりました。

面白そう、ちょっと勉強してみたいな、と思った言語のめも。Prolog, LISP, Haskel、あたりですかね。あと前々からきちんと勉強したい(使えるようにしたい)と思ってるのが、C/C++, C#, awk, sed, R, PHP。あと、Scratchはちょっと触ってみたい。LuaとかTclもわかってると損はないと思うんですが(Linuxさわってると)、なかなか機会がなく。

Whitespaceのソースがクレイジーで素敵でした。あと、INTERCALとか。
Wikipediaの難解プログラミング言語のページ見ると、他にもいろいろあるんですね。おもしろい。

ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管:ブル7

前回の更新から1ヶ月以上あいてしまいました。
もう3週間半も前に行った演奏会ですが、一応記録として。

  • ヘルベルト・ブロムシュテット&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 11/12(sun)15:00play@サントリー
    • メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (vn. レオニダス・カヴァコス)
    • ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調 (ノーヴァク版)

この秋、唯一の海外オケの演奏会です。ブロムシュテットさんのブル7て何度も聴きに行ってるのですが…でも聴きに行きたくなってしまうこの組み合わせ。ブルックナーは生が良いです。
メンデルスゾーンは正直あまり眼中になかったのですが、カヴァコスさんの音色がとっても素敵でした。奏者がいいと、曲がど定番でもあまり気になりませんね。むしろ、定番曲の方が良いような気もする。美しさが際立つ。

ブルックナーはね…もう泣いちゃいますよ。
一番泣いたのは曲終わった後の静寂、ですが。数十秒?あったかな。素晴らしかった…。この静寂の時間の間に、演奏の素晴らしさ、曲の素晴らしさが身体に染み渡る。
やっぱりクラシック好きじゃないと知らない一流オケの演奏会は良いですね。フライングブラボーするような非常識人がいなくて。

本当に良い演奏会でした。
末席じゃもったいなかったかな。折角だからせめてLA/RA席にすれば良かったかも。(P席でした)

ノット&東響:ボレロ他

ちょうど9ヶ月振りのサントリーホール。リニューアル後は初です。

女子トイレ、いろいろ進化してて感動しました。
以前の改修後は数がすごく増えたんだけど、その分通路が狭くなってて、見通しが悪いから空いてるのに気付かなくて無駄に並んでたり、出入口の擦れ違いが困難だったりしてたんですよね。それが左右のトイレの空き室数が表示されてたり、個室のドアの上に空室表示サインをつけて横からでも空いてるかわかるようにされてたり、出口と入口を分けて一方通行になってたり。たぶん個室の数は変わってない? うまいことしてるなぁ、と思いました。
しかし、これ面積増えてるよね? このスペースはどこから出てきたんだろ…。

  • ジョナサン・ノット&東京交響楽団 10/21(sat) 18:00play @サントリー
    • リスト:バッハの名による前奏曲とフーガ S.260 (オルガン独奏:石丸由佳)
    • シェーンベルク:管弦楽のための変奏曲 作品31
    • ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43 (pf. 児玉桃)
      [encore]ラヴェル:『鏡』より「悲しい鳥たち」
    • ラヴェル:ボレロ

リストのオルガン曲は以前オルガンコンサートに聴きに行ったときに聴いたことがあって。ちょっと私の理解を超える曲で楽しめなかった…という思い出があったのですが、今日は割と楽しめました。ちょっとは成長した?
続けてシェーンベルク。こっちもB-A-C-Hだから続けて演奏だったのかな。シェーンベルクはさすがに難しかった…。こういう曲も楽しめるようになると、メイン目当てで聴きに行ったときの前プロが現代曲でも問題なくなるので良いのですけどね。なかなか。

後半はボレロしか頭に入ってなくて、パガニーニラプソディは当日プログラムを見て初めて存在に気付きました。大好きな曲なので「ラッキー」と思わずにいられない。精細な演奏というよりはダイナミックな演奏で、これはこれでありかなぁと。第18変奏~第19変奏あたり(だったかな?)ちょっと聞き慣れない音量バランスでそこが魅力的でした…という印象しか覚えてないのですが…金管が大きめだったんだったかな?ちゃんとめもしておけば良かったな…。(すぐ忘れる)

ボレロ、素晴しい演奏…だったのですが、ソプラニーノ・サックスの存在に気付いてしまって、それに釘付けでした。サックス3本入ってきた時点で「あれ?」と思ったのです。そういえば、サックス奏者は2人だけど、どっちかのソロが音域の関係で持ち替えになってるとか聞いたような?とあやふやな記憶を探りながら、ソプラノより小さいってことはソプラニーノ?奏者分けたのか…でも最後3人で吹いてる??と混乱状態でした。
後から調べて(ひとに聞いて)、楽譜ではテナー奏者はソプラノと持ち替えで、ソプラノのソロは半分ソプラニーノで演奏することになってるけど、今の楽器ではソプラノサックスで全部吹けるからソプラニーノは使わないのが普通、とわかりました。スコアを確認すると、最後のtuttiはソプラノは出番ないはずなのですが、でも吹いてたよなぁ…違う楽譜があるのかなぁ。「せっかくだから吹いちゃえ」も(個人的には)ありだと思いますが、チェレスタとEsクラはちゃんと休んでたし…謎。

それにしてもボレロって難しい曲ですね。スネアと同じリズムで吹く管楽器の発音がちょっと遅れただけでバレちゃうし、複調のところもちょっと音程ずれるとバレちゃうし。

ポニョの飛行

先週末、金曜ロードショーで「崖の上のポニョ」をやっていたので、観てみました。劇場公開時にも観たのですがもう9年前。
当時は「ニーベルングの指環」も知らなかったので人魚姫風の話だな、程度にしか思わなかったのですが…。
ポニョの本名がブリュンヒルデだったり、ポニョが人間になって宗介のところへ行くところのBGM(「ポニョの飛行」)が「ワルキューレの騎行」のパクりパロディだったり、してるんですね。
ここで試聴できます。12曲目。


ちなみにワルキューレの騎行はこれ(YouTube)
しかし、騎行は有名な曲だし、騎行を知ってる人が「ポニョの飛行」を聴いたら、誰もが連想するはずなのに言及している人は意外と少ないですね。不思議。
ちょっとぐぐってみたところ、

このあたりが詳しい?くらい。後者は個人サイトの1ページなのでリンクしていいかわかりませんが…。

と思ったら、


公式にもちゃんと書いてありました。

宮崎監督がこの作品の構想を練っている最中にBGMとして良く聴いていた音楽は、ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」の全曲盤でした。
 「この音楽を聴くとアドレナリンがでる」とスタッフに話していたという証言もありますが、かのヒットラーが第二次世界大戦のドイツのプロパガンダに使用したように、ワーグナーの音楽は人間の精神を高揚させる力に溢れています。
 そんな「ワルキューレ」が作品に影響を与えたとしても不思議なことではありません。

「影響を与えた」程度ではない気がしますが…。
「ポニョの飛行」は依頼するときに「ワルキューレの騎行」使ってってリクエストしたのかなぁ。久石さんのアイディアなのかしら。

パーヴォ&N響:レニングラード

珍しく2週連続NHKホール。

  • パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団 9/16(sat)18:00play@NHKホール
    • ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番「レニングラード」

フルート神田さん、オーボエ青山さん、ピッコロ菅原さん。

1楽章で既に両隣ぐっすりで「オイオイ」と思いましたが、昔は私もしょっちゅう寝てたからなぁ。でも1曲プロなんだからレニングラード聴きに来たんじゃないの?まぁいいけど…。
序盤は少し頼りない感じもしましたが、この組合せで外れな演奏であるはずがなく…良い演奏でした。
以下箇条書き風につらつら。
やっぱり神田さんのフルートは素晴しい。大好き。
各所(特に1楽章)のファゴットソロ素晴らしかった。水谷さん。
青山さんのオーボエも結構好き。2楽章冒頭のソロ、多少傷はありましたが、色っぽくて良かったです。
3楽章の最初(の管楽器の後)の弦楽器、いっつも泣いてしまうのですが、今回はなぜだか泣けず。大味過ぎた?でも2回目は素敵でした。
菅原さんのピッコロははっきり言ってうるさいんでしょうけど、ピッコロ好きな私は「いけいけ!」と思ってしまいます。

やっぱり2日目の方がいい演奏になるんじゃないかな?て定期演奏会1日目行く度に思う。序盤は乗り切れてないというか、不安定というか、そういうとこ感じることが多いんですよね。まぁ、聴く方の気持ちも乗り切れてないのかもしれないですが…。
今日のレニングラード、とっても良かったけど、昨年秋の井上さんとのショス12の方が良かったかな。まぁ、演奏って生物なので比較してもしょうがないですけど。

パーヴォ&N響:ドン・ジョヴァンニ

ひさしぶりのNHKホール。昼間に行くことは滅多にないので、真っ昼間の原宿駅周辺はアウェイ感が増しました。

  • パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団 9/9(sat)15:00play@NHKホール
    • モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」演奏会形式
      • ドン・ジョヴァンニ:ヴィート・プリアンテ
      • 騎士長:アレクサンドル・ツィムバリュク
      • ドンナ・アンナ:ジョージア・ジャーマン
      • ドン・オッターヴィオ:ベルナール・リヒター
      • ドンナ・エルヴィーラ:ローレン・フェイガン
      • レポレッロ:カイル・ケテルセン
      • マゼット:久保和範
      • ツェルリーナ:三宅理恵
      • 合唱:東京オペラシンガーズ

フルート甲斐さん、オーボエ茂木さん。
来週は神田さん吹くかな?期待。

行く前に一応あらすじざっと読んで「なんてしょうもない話なんだ」と思ってしまったのですが、実際に観るとこれが面白いんですね。さすがモーツァルトです。重唱いっぱいで楽しめました。
この歌劇の主人公は当然ドン・ジョヴァンニと思っていたのですが、どう考えてもドン・オッターヴィオの方が良い役ですよね。実はこちらが主人公? 歌もリヒターさんの方がずっと良くて、この方が歌うたびにうっとりでした。本当に素敵なテノールの歌声でした。
ドンナ・エルヴィーラ、ツェルリーナも良かった、かな。
オケは8プルでしたが、もう一回り小さくても良かったかな…。歌い手さんによっては伴奏大き過ぎと感じました。(歌い手の問題? 音域の問題?)

あらすじには地獄に引きずり込まれた後の描写がなかったのですが、ここで終わらないのが良いですね。最後の軽い雰囲気のシーンのお陰で真っ暗な気分で終わらなくて良いな、と。でもWikipediaで調べてみたら、ウィーン版はこのシーンがなくて、プラハ版にだけあるシーンだとか。Wikipediaさんによると、

ウィーンでの初演にあたり、当地の聴衆の好みや歌手の希望に応じて一部改訂して上演したが、今日ではプラハ版を元にした上で、ウィーン版で追加されたナンバーのいくつかを追加して上演することが多い。

とのこと。好みかぁ。
オペラの版なんて気にしたことなかったけど、結末が違うとなるともう少し経緯を知りたくなりますね。機会があれば調べてみよ。(という調べないフラグ)

ことばの獲得

0歳児がことばを獲得するとき―行動学からのアプローチ (中公新書)出産からばたばたとした日が続きましたが、8月に入ったくらいからようやく生活が落ち着いて育児以外のことをやる余裕が出てきました。趣味で勉強してみたり、近所の図書館に授乳室があることがわかったので本借りて隙間時間に読んでみたり、保育園見学に行ったり。
というわけで読書もようやく再開して、いろいろちょっとずつ読んでます。

で、この本。
タイトル通りの内容なのですが、行動心理学、発達心理学な話だけかと思いきや、人間が声を出す仕組みにも言及しててそこがなかなか面白かったです。

  • チンパンジーを始めとする他の哺乳類も気管に声帯をもつ。肺から空気を送り出す作業に便乗して発声する。
  • ヒトがチンパンジーと違うのは舌や唇を使って声を加工できること、母音様の音を出せること。これは肺からの空気を口へ送り込むことで実現している。
    一方チンパンジーは、喉の作りがヒトと異なり、肺から口に空気を送り出すことができないのでこれができない。
  • ヒトは、口から食道へも気管へもいけるようになってる。これにより、言葉を話せるようになったが、食べ物が気管の方へいってしまう危険があること、食べながら話すことができないこと、という欠点もある。
  • チンパンジーの場合、空気は鼻-気管-肺というルートを、食べ物は口-食道、というルートしか通らないようになっているので、これらの欠点はない。食べながら発声ができると、食事中に敵が表れたときにも仲間に知らせることができる。野生の動物には大事。
  • 3ヶ月未満の赤ちゃんの喉の仕組みはヒトの成人よりもチンパンジーに近く、チンパンジー同様、空気と食べ物のルートがわかれている。だから、誤って母乳が気管の方へ流れ込んで窒息するようなこともない。母音様の音が出せないため、成人とコミュニケーションがとりにくくなるが、気管へ母乳が流れて窒息するような事故を防ぐため(幼ない赤ちゃんにとっては致命的な事故となる)。

だいたいこんな感じです。詳しくはこの本の第3章「はじめての声がわり」をお読みください。

(3ヶ月未満の)赤ちゃんは舌が口の小ささに対して大きいし、(↑の通り)空気を口から吐き出せないので、母音様の音を出すことはできないそうです。なるほどねぇ…。
クーイングや喃語との関係は? ちょっとぐぐると、

クーイングは、だいたい生後2ヶ月頃に見られます。音を作る器官が少しずつ育ってきている証拠です。
そして、骨格が整い、口の奥にある音を作る器官が成長することにより、「あう」「あむ」や「ばぶ」などの、2つ以上の音のある声である喃語を発するようになります。

とのこと。(赤ちゃんの喃語(なんご)とは?いつから出るの?|LITALICO(りたりこ)発達ナビ)
なるほど。

あと、赤ちゃんがどんな音を発したときにかわいいと感じるか?について。
多くの言語で母音はとても大事な要素なので、赤ちゃんが母音を含む声を発したときに「かわいい」と感じるそうです。中国語では音の高低が加わる、そして尻上がりの母音が一番難しいことから、中国人は尻上がりの声を発したときに「かわいい」と感じるそう。大人が喜ぶ音を赤ちゃんは繰り返し発するようになるので(反応が嬉しいから)、こうやって必要な発声を身に付けていくようです。
などなど。

うまくできているんですね。他にもそんなネタがいっぱい。とても面白い本でした。

Withings Steel HRからFitbit Charge 2へ乗り換え

3月にFitbit Charge HRからWithings Steel HRに乗り換えて、4ヶ月しか経っていないのですが、結局Fitbit Charge 2へ乗り換えてしまいました。チャリンチャリン。
当時もCharge 2は出ていたはずですが、Androidウォッチからの延長で考えていたのでBlazeしか眼中になかったのでした。よく考えてみたら、Steel HRの対抗馬ならCharge 2が妥当なのでは?という気も。

使用開始時から気になっていた「睡眠記録が不正確な上、修正できない」が我慢できなくなり、買い替えたのでした。あと、Charge 2で新登場した

睡眠ステージの測定
睡眠には周期があり、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を繰り返します。Fitibt は PurePulse 心拍計と高精度モーションセンサーを搭載し、各睡眠ステージの時間と目覚めの時間を計測します。

って機能が面白そう!試したい!と魅力を感じたのも買い替え動機の1つ。
3時間以内の睡眠では睡眠ステージの測定ができないのは仕様ですが、3時間以上でも測定できないときがあったり、ちょっと挙動不審なところもありますが、気に入ってます。その内
Steel HRはアラームが5分刻みとか、バイブレーションが弱いとか、他にも気に入らないところがあったのですが、それも全部解決。

Vancle Fitbit Charge 2 バンド Milanese ステンレス鋼 バンド 交換ベルト (ローズゴールド, Small) Vancle Fitbit Charge 2 バンド Milanese ステンレス鋼 バンド 交換ベルト (銀色, Small)Fitbitにしなかった理由は「いかにもライフログとってます」なデザインだったのですが、Charge 2はベルトも替えられるのでフォーマルな服装のときはベルト替えるのもありかな?と思ってます。こういうの(→)ならスーツとかドレスに合わせられなくもないんじゃないかなぁ、と。まぁ、そもそも黒を買ったので「フォーマルめ」くらいの服装なら合わせられる色かなと思ってます。

…と、今回の乗り換えはいろいろ満足なのですが、問題は使わなくなったSteel HR…。転売も面倒だし。とりあえず大事にしまっとこ。