2014/06/16

いつもお酒を飲んだ夜は寝付き良く朝までぐっすり…なのですが、どういうわけだか昨晩は全然寝付けず。夜中に目が覚めたりして。こんなことは初めてで、あぁ私も歳をとったということなのかしら、と思ったのでした。あまりぐっすり寢た気はしないけど、でも寝る足りない感じはない、という不思議な朝でした。
それでも日中眠くなるのが心配で1年以上振りに水筒にコーヒー入れて会社行きました。
コーヒーの効果か謎ですが、結局夕方まで眠くなることなく無事退勤。良かった。

今日は残業せず帰って夕食後楽器吹いて。本番翌日くらい本番のためじゃなく、ただ好きな曲を吹きたい、とバッハ吹きました。あとチャイコンを少しだけ。

昨日の録音をいただいたので聴きました。もう全然楽器鳴ってないと思っていた割には「ちょっとフルート控えめかな?」くらいの音量バランスでした。昨日の演奏後の手応えよりは随分良い出来でした。とはいえ、昨日の自己採点30点、今日の聴いてノヴェレッテ40点、タファネル50点ってことですかね。低音鳴らなかったし(低音好きなのに!)、今まで間違えなかったような所間違えたり、鳴らしたいところで鳴らなかったり、心残りはいっぱいなので。

他のグループのも改めて聴いて、大分昨日聴いたときと印象違いました。録音というのも多少あるでしょうが、何より昨日の演奏後はやっぱり凹んでて冷静に聴けなかったのだなぁ…と。こうやって聴くと、確かに1位いただけるのは信じられないというほどではなかったな、と思ったのでした。でも結構僅差だったんじゃないかなぁ、とも思いますけど。自由曲なんか特に。

それにしても「演奏後の手応えのなさ」と「録音で聴いた出来」の差に、自分の感覚って何てアテにならないんだろう。もしかして「今日はよく響いてる!」と気持ち良く吹いてても実は全然響いてなかったり…なんてことがあるんじゃないか?と心配になってくるくらい。どうなのでしょう。
でもいつも、オケの本番で気持ち良く吹けたソロは、やっぱり録音聴いても良い出来。そんなアテにならないってこともないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です