ひさびさ残業

42.195kmの科学  マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」 (角川oneテーマ21)月1時間するかしないかって感じですね。今まで割とのんびり働いてましたが、そろそろ色んな仕事(事務仕事含む)がまわってきてるので、しゃきしゃき効率良くやらないとな、と思い始めてきた今日この頃。改善の余地はとてもあると思うのです。

さて久し振りに本を読み終えました。1ヶ月振りくらいですね。旅行直前はガイドブック眺めたり、旅行帰って来てからは論文読んだりしていたので。というか、読む本が手元に無かったというが大きかったか (と書いてから、母から借りた本がまだあることに気付いた)。
マラソン本…ですが、ランナに走り方を指南するタイプのものではなく、ひたすらトップランナの身体を分析して、他のランナと何が違うのかについて探った本。サブタイトルに「つま先着地 vs かかと着地」とあるから、この点について多く紙面が割かれているのかと思いきや、全くそんなことはありませんでした。残念。でもつま先着地も実はタイプがあること、つま先着地/かかと着地の走り方をするとうになった理由、など書かれていて面白かった。
やっぱり慣れればつま先着地が良さそうなんだなぁ。かかとのソールが薄いシューズでもかかと痛くならないことを考えると、今は完全なるかかと着地にはなってないとは思うのですが、たぶんミッドフット着地なんじゃないかな。つま先着地は意識してますが中々難しい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です