午前はたっぷり寝まして、午後は演奏会。

  • 都響/若杉弘@所沢ミューズ 15:00play
    • モーツァルト:Fl協奏曲第1番(Fl.高木綾子)
    • マーラー:交響曲第5番

これは行くでしょう!気合入れて昨夜は早く寝るつもりだったんですよ…まぁいいけど。

モーツァルトは1楽章しかまともに聴けず。バイノンの後なので「うーん」とちょっと思ってしまうのですが、良かったです。そりゃ普通に上手いけど、単に私のツボにはまらないだけです。モーツァルトってこういう風に吹くんだ…とか思った。というのも最近遊びでよくFl四重奏(Ddur)吹いてるので。私が吹いてるのはありゃーモーツァルトじゃないのかもなぁ、とか思ってしまった。難しい。

さてマーラー。フルーティストながらメインはやはりこっちです。
前プロで寝てしまったお陰で随分ちゃんと聴けました。しかし3楽章Scherzoで落ちてる辺り、曲のせいではなく単に疲れが残ってたんだというのがよく分かる。2楽章は覚えてます。気付いたら3楽章終わるところで、2ndVnの最後列プルトの人が楽器持って入ってきました。4楽章入る前に楽器をまわしてトップサイドまで。ということは、曲中に弦が切れてバケツリレーならぬ楽器リレーがあったんでしょう。3楽章を聞き逃したことよりも、これを見逃したことの方がショックでした。
4楽章Adagiettoの途中で例の地震。よりによってこの楽章で…あぁ、せめて2楽章か3楽章のときにきてほしかった…。(>_<)こんな感じで聞き惚れてたのに、地震のせいで客がざわついて。そりゃしょうがないけども。ちなみに演奏は何事もないかのように進行しておりました。熱かった。やっぱり良い。
というわけで、トラブル続き気味のマラ5でした。でもマジ良かったです。都響ですしやっぱり金管!♪ 頭のTpとか、終楽章とか。ラストの金管陣はすごい迫力でした。さすが。