N響ロマンティック

今月2回目のブルックナー。今月も振替なN響定期。来シーズンからは木曜日へ引っ越すべく席替えの手続きをした。前回の振替では、P席になってしまってがっかりでしたが今日はRAでした。良かった。

  • ミヒャエル・ザンデルリング &NHK交響楽団
    • シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54 (pf. ベルトラン・シャマユ)
      [encore] メンデルスゾーン/リスト編曲
      :歌の翼に
    • ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンチック」

大好きなシューマンのピアコンとブル4。楽しみでしょうがなかった今日の演奏会。フルートは神田さん♪ オーボエは茂木さん。新コンマス伊藤さん、あと、ヴィオラが見覚えのない方…と思ったら新日本フィルの方だったらしい。

シューマンは大好きな曲を堪能。と、同時に後半への期待の高まる演奏。とても楽しめました。特別素晴らしい演奏とは感じなかったけど、良い演奏でした。好きな曲をライヴで聴く楽しみ。神田さんのフルート、素朴で好きです。あの音色は木管ならではなのかなぁ。

そして期待のブルックナー4番。素晴らしかったです。3楽章で泣いてしまった。演奏会で涙したのは実は結構久し振りなんじゃないか。金管素晴らしかった。もちろん木管も、弦も、だけど。Hr多少外したのは惜しかったけどそんなの帳消しになるくらい他が良かったから問題点ない!こんなブルックナー聴いてしまったらしばらく演奏会断ちしたくなる。のに明日も演奏会。しかもブルックナーという…ほんとに行きたくない。行くけど…。
文句なしのN響今シーズン一番の演奏でした。やっぱりやるときはやるN響。今月はワグナーも良かったから、来月も期待しちゃいますよ? そしてミヒャエル・ザンデルリングさん、7月の来日公演行こうかしらと検討中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です