2014/10/09

夫の祖母の葬儀へ。夫の親戚に沢山会いました。行く前に家系図と名前を教わり、実際にご挨拶するときにも教わり、何度か名前を聞いたものの中々一度に覚えられる人数でなく…やや混乱気味の一日でした。それにしても兄弟姉妹というのは似てるものですね。でも「○○さんと□□さんそっくりだね。人目で(姉妹と)わかった」などと夫に言うと「え?そんなに?」みたいな反応されて。よく知ってる人からするとそうでもないんだろうな。そして私は結婚式で「妹さんそっくりね」と何度も言われ、言われる度に「どこが?」と答えていたものですが、きっと他人から見るとこんな感じでそっくりなんだろうな…などと妙な納得しました。
お会いしたことのない方の葬儀、こんな他人の私が涙流すなんて失礼じゃないか、と思ったのですが、それでも貰い泣きしてしまうもので…。色々と思うところがありました。

色んな方、色んな家族とお話して、そういう意味では楽しかったです。親戚付き合いなんてと思っていましたが、夫と従兄弟、従姉妹は仲良しみたいで、そういう方々とは特に折角だから(世代も近いことだし)付き合いがあっても良いのかな、などと思いました。久し振りに小学生に接したのも楽しめました。そういえば身近に小中学生っっていないものなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です