2014/08/12

現代経済学のエッセンス: 初歩から最新理論まで (河出ブックス)昨日よりも電車が空いていたような気がする。所謂お盆休みは明日から3日間くらいなんですかね。昨年のお盆休み期間は随分電車が空いていたのは覚えているのですが、何せお盆の帰省とか全然しないものですから、いつがお盆かよくわかってない。8/15あたりらしい、としか。

さて週末に読み終えた本。
いくら「曲線も直線で近似してグラフ描いてます」と言ったって、傾きが負の一次関数を「反比例の関係」なんて言っちゃうあたりでドン引き。その辺りから読む気が一気に失せたのですが…まぁ折角予約して(取り寄せて)借りた本だし…と読み進めて、それでも説明の飛躍が気になったり(私の理解力不足?)で何度か読むの止めようかと思ったのですが。結局(やややっつけで)読み終えました。というわけでちょっと期待外れでしたが、経済学ではこんなモデル化してるんだよ、こんな考え方するんだよ、という色んな紹介が読めたのでお話として読むのは面白かったです。もっと突っ込んだこと知りたいなら、もっと詳しい本読みなさいってことなのかもしれない。宗教によるタブーの経済への影響なんかもモデル化して考えるだなんて驚愕でした。
やっぱり経済学って面白そう。マクロ経済もミクロ経済もどちらも興味あり。ちょっと勉強したいけど、どんな本読んだら良いのやら…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です