先週の金曜日に引き続き、今回の来日ツアー2度目のプレトニョフ&ロシアナショナル管。今日はみなとみらいです。

  • プレトニョフ&ロシアナショナル管 14:00play@みなとみらい
    • グラズノフ:組曲「中世より」〜前奏曲
    • グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 (pf. 河村尚子)
      encore: 叙情小組曲集より「君の足元に」(Grieg)
    • チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調
      encore: バレエ「ライモンダ」より「スペインの踊り」(Glaznov)

先週末はメインが白鳥湖ということもあり、ちょっと欲求不満気味だったのですが、今日のチャイ4は満足。やはりこの組合せはこうでなくては! 3,4楽章の速さ、迫力、どちらも興奮ものでした。やはりロシアのオケは中毒的な魅力があります。金管がたまらない。今日はホルンが素敵でした。あとフィナーレのチューバとバストロが最高にかっこ良かったのです。ついつい高音に耳がいってしまう私としては珍しい感想。

興奮覚めやまぬまま夕方は練習へ。と思ったら東横線で人身事故。練習開始時間ぎりぎりに到着するも、指揮者の先生(今日は代降り)が前の予定が延びたとかで、練習開始が遅れて。事なきを得ました。いい加減落ちることはなくなりましたが、そろそろ速いパッセージのところ、真面目に練習しないとね…。