Les Vents Français

待ちに待ったレ・ヴァン・フランセの演奏会。前回聴いたのは京都にいた頃でシンフォニーホールだったような記憶。

  • レ・ヴァン・フランセ 19:00play@オペラシティ
    • イベール:3つの小品
    • ニールセン:木管五重奏曲
    • プーランク:オーボエ、バソンとピアノのための三重奏曲
    • ミヨー:ピアノ、フルート、オーボエ、クラリネットのためのソナタOp.47
    • プーランク:六重奏曲
    • encore:
      ルーセル:ディベルティメント
      デュイレ:六重奏よりガヴォット

基本的に木管五重奏否定派な私ですが、彼等の演奏する木五は別。初めて聴いたときは「こんな木管五重奏があるのか」と心の底から驚いたものでしたが、最近他の木五の演奏をあまり聴かないので「これが普通」になりつつある気がします。危険。もう絶対自分で木管五重奏を吹くことはできない気がする。まぁ、遊びで吹く分には良いのですけど。人前で演奏しようと完成度求めるのなんか絶対無理。

プーランクはかなり苦手意識あったんですが、トリオも六重奏もとても良い演奏で、別に苦手って思うことないかもという気がしました。トリオ良かったなぁ。っていうか、ルルーのオーボエですよ!素敵。リサイタルやったりしないのかな?行きたいな。オーボエが断トツで素敵ですが、他の楽器ももちろん良くて、色気たっぷりの演奏にとろけるような時間を過ごしました。終演は21時半頃。そんなに長く感じなかったです。

素敵な金曜夜を過ごしました。そして今週末は土日とも練習。
音楽漬けの素敵な週末が始まりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です