課題研修発表会

今日と明日の2日間、新人の課題研修発表会です。皆スーツだろうなぁと思いつつスーツ着たくなくて。「発表明日だし」と普段着で行ったら、普段着は私と同じ部の同期の2人だけでした。こんなに皆スーツだとは思わなかった。そして黒ばっかり…。ちょっとこわい。

今日は1日聴講。ソフトウェアな人たちの研究は背景や概要が理解しやすいものが多く、そこはちょっと羨ましかった。同時に「私は明日こんな研究やってる人に自分の研究説明するのか」と思うと気が重い。あまりに内容がマニアックというか地味というか。まぁそういう研究が好きなんですけどね。なので「アプリケーションがわかりやすい研究」がやりたいかというと全くそんなことはない…というと不正確で、想像力ばっかり要求されて学術的興味がそそられない研究はちょっと好みじゃない、というのが正確かな。
例えば画像認識に関する研究はアプリがわかりやすいけど、実は統計処理が伴ったりして学術的に面白いことがいっぱいです。
と自分のやってみたい研究のタイプがだんだんわかってきた。色んな話聴かないとわからないですね。

メリハリきいた、身体も使ったプレゼンがいくつかあって。「強調すべきとこはしっかい強調」「目線などで聴衆の興味を誘う」ってのはこういうことなのかな?と思うものも。でもあんまりわざとらしい身振り手振りはちょっと嫌悪感感じる。私のプレゼンはあまりにたんたんとしててメリハリなさすぎとは思いますが、極端なジェスチャー入ったプレゼンはやりたくないなと。加減が難しいですね。私の場合は極端にやったくらいでちょうど良いのかもしれませんけど。

さて、自分の発表は明日。もう発表練習もやりたくないくらい発表がやりたくないです。そんなに発表嫌いなのか…。異なる分野の人たちにプレゼンするのが苦手なんだな。加えて今回は話し慣れないネタで更に気が重いです。ま、13分耐えるだけ。頑張ろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です