Carmina Burana

昼間はAPITA長津田で買い物に付き合う。「付き合う」と言いつつ自分もしっかりスニーカーを購入。だからABC-MARTに近付いてはいけないんだってば…。でも気に入ったコンバースのハイカットが2000円って安過ぎじゃない。買っちゃうじゃない。

帰って一休みの後、横浜へ。先週末水没させてしまった携帯が帰って来たのです。店着いたら思いの外待ち時間が長く40分と。その間に東芝富士通のWindows Phoneを触ってみたり、他のスマフォ触ってみたりしました。
SHARPのIS05良いですね。小さくて手に馴染む感じ。安いし2台目に買ってもいいかなぁなんて思ってしまいました。あとWindows Phoneも意外と(?!)インタフェイスかっこ良いし、名前は「Windows」だけどさすがにPCと同じWindowsなインタフェイスじゃなくて、ちゃんとスマフォっぽい感じになってるし、結構悪くないんじゃないかなと思う。
予想通りっちゃ予想通りですが、私の使ってるIS06 (SIRIUS) はもう売ってないようでした。法人向けモデルとして売ってたけど・・・。

さて、そのSIRIUSを無事ゲットし、そのままみなとみらいへ。

  • 藤岡幸夫/日本フィルハーモニー交響楽団 18:00@みなとみらい
    • リスト:ピアノ協奏曲第2番 (pf.ヴァディム・ホロデンコ)
    • オルフ:カルミナ・ブラーナ
      (ソプラノ:安井陽子、テノール:高橋淳、バリトン:萩原潤
      合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団、児童合唱:シンフォニーヒルズ少年少女合唱団)

今週半ばに急にハマったカルミナ・ブラーナ。生で聴くとやっぱ良い。いやー、こんな壮大な合唱と一緒に演奏とか…やりたい!! 来年のオーケストラ夢十夜はカルミナブラーナだそうで「これ吹くのか」と思いながら聴くと、やっぱなんか聴き方変わりますね。いや、まだ乗ることは決まってないけど(?)。
ピッコロは結構シビアなところあってしんどそうな気もするけど(私はtuttiでピッコロ吹くのが好きなので)、でもどうせ吹くならピッコロ吹きたいなぁ。したらピッコロ変わないとなぁ。ボーナスで買えるかなぁ。
(フルートは貯金で買う)

テノール出番の曲が近付いても入場しないな?と思ったら、出番と同時に酔っ払いの演技と共に入場。カルミナブラーナを生で聴くのは初めてなのでわからないのですが、これはノーマルな演出なのでしょうか。
バリトン大活躍ですね。素敵。最後はテノールかと思うくらい高音まで出てくる。バリトンと比べるとソプラノの出番は少ないけど、でもこのソプラノを大隅先生の歌で聴けるとは今から楽しみでたまらない。

最近日本のプロオケ聴きに行っても期待外れが多かったんですが、今日は大満足でした。
もしかしたら、あんまり聴き込んだ曲、思い入れがある曲だと駄目なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です