Berlin3日目:シャルロッテンブルク宮殿

P3120222P3120225早いものでBerlin最終日です。「宮殿」とあると思わず行きたくなっちゃう…というわけで、シャルロッテンブルグ宮殿ヘ。10時からなのにうっかり9時半前に着いちゃって暇になってしまいました。でもお陰でヒトのいない時間帯に写真が撮れたからいいか。旧宮殿の中をオーディオガイド(日本語)聴きながら90分ほど見学した後、庭園を1時間散歩。宮殿内の見学はなんかヴェルサイユ宮殿を思い出しました。でもシャルロッテとマリーアントワネットは随分性格違うので並べるのはちょっと気が引けますが。庭園にはジョギングしてる人がすっごい沢山いました。

お腹が空いたのでお昼ご飯。カリー・ヴルストを食べました。これ美味しい! 店員さんがフレンドリーで素敵なお姉さんでした。「メニュードイツ語だけど英語に訳しますよ」て言ってくれたり。(でも実は英語併記されてたので問題なかった)
しかしやっぱりこのウェイトレスさんは特別で、多くのドイツ人は英語で話しかけられるのは嫌なのかなと思います。私の英語が駄目過ぎるだけかもしれないけど。やはり割とめちゃくちゃな英語でもわかってもらえるアメリカとは勝手が違う。

昼食後ふらりと目の前にあったベルクグリュン美術館ヘ。半分くらいピカソで、あとはマティス、クレー。ピカソのパステル画が素敵でした。美術館久々。日本でも行こうって思ってるのに、結局行ってない。横浜へ引っ越したら行きたいな。東京近辺はいろいろあるし。

最後にトポグラフィー・オブ・テラーヘ。ここはすごい見応え。色々回った後で着いたの15時半とかだったんで1時間程度しかいれなかったんですが、午後いっぱいくらい時間とっても良いと思う。次ベルリン来ることがまた行きたいです。全然見切れなかった。

こんなに盛り沢山行っても夜はオペラです。ドイツ・オペラでセヴィリアの理髪師。正直疲れててまともに鑑賞できたとは言い難いんですが、演出がかなり奇抜(?)でまともに観てたら我慢できなかったんじゃないか…という気もします。遊び要素たくさんて面白いとは思うんだけど、一昨日も割とそんな感じだったので(今日のはもっと面白おかしくしてる感じしたけど)、連続するとちょっとげんなり。正統派なオペラが観たくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です