CIMG1190Los Angeles Country Museum of Art, 通称LACMAへ行ってきました.LAで訪れた美術館はこれで4つ目だけど,今日で行き収めかな?Getty Centerにもう一度行きたかったのだけどどうかなぁ.
LACMAはとっても大きいとガイドブックに書いてあったので,朝から行こうと思ったのですが,結局午後から.着いたのが13時くらいだったかな?あまり興味ない(理解できない)現代美術はすっ飛ばして…,なんてしたので17時過ぎまでで一応全部回った?まわってないのもあるかも.現代美術はどうにも理解できません.以下メモ.

ピカソの絵が沢山ありました.ピカソも私はあんまりよくわからないけど,↑に挙げたのは絵本か何か?説明ちゃんと読んでないけど,本があった.白黒なのが素敵.絵本があるなら欲しいなぁ.↑には挙げなかったけど,レジェの絵が沢山あって大喜びでした.円や四角の単純な形の組合せと配色が好き.
かと思えば,Monet, Pissarroのようなクラシカルな絵も好きだったりします.観てて吸い込まれそうになる程魅力がある.彼らの使う色,タッチ.有名な画家は有名なだけありますね.

そういえば,ダヴィンチじゃないThe Last Supper があってちょっとびっくり.

CIMG1197夕方はSunday Livesという室内楽のコンサートへ.

  • The Lyris String Quartet 18:00play@Bing Theater(LACMA)
    • Anton Webern: Langsamer Satz
    • Joan Tower: Night Fields
    • Maurice Ravel: String Quartet in F major

最初の曲がかなり強烈(現代っぽい)でしんどかったけど,2曲目からは楽しめました.Towerの曲は弾いてて気持ち良いだろうなぁ.いくらでも歌い込めて.Ravelの弦楽四重奏は初めて聴いたけど,とっても良い曲.
正直そんなに上手な演奏ではなかったけど(まぁ無料コンサートだもんねぇ),久々のコンサート鑑賞だったし,新たに良い曲と出会えたので満足です.