内々定

正式に内々定いただきました.1ヶ月前にほぼ来まっていたので「祝!」というのは今更感はありますが….嬉しいというよりは「ほっとした」というのが近い.今まで落ちた人はいない採用試験に落ちたらシャレにならないわけで…そういうプレッシャはありました.何はともあれ無事いただけて良かったです.

事業所か,研究所か.
あるいは,開発か,研究か.
という二択でした.(2社で迷ったのです)
ヒトより3年余分に学生やっているけど遊んでいたワケじゃないので,それなりに身に付いてきたものはある.研究分野に関する技術/知識と,研究以外の能力.研究所に行けば主に前者が,事業所だと後者が求められる.研究以外の能力ってのは例えば,後輩の指導とか,色んな取り纏めとか,そういうのです.どちらに行っても「ヒトより余分に学生やってた3年間」は生かせる.って言う程たいそうな能力も知識もありませんが.
でも異常な過大評価をされてる内に,こう悩むに至りました.(日本語変?)

で,悩んだ挙句に研究職を選んだのでした.
一時期は「研究は向かない」と悩んだ時期もあったので不安もありますが,でも人と研究の話するのってとっても楽しいのです.先生でも,先輩でも,学外の人でも.決め手はそこかな.色んな人と研究の話をしてみたい.あと「実用的じゃなくてもアカデミックなら研究できる」のも魅力ですが,「実用前提の研究」もとっても魅力.自分が携った技術を使って設計された製品が出るなんて素敵.
謎の過大評価のせいで物凄いプレッシャーも感じていますが,色々楽しみです.

でもその前にしっかり学位取らねば.頑張ろう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です