夜は短し

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)1冊文庫本読むのに3週間もかかってしまった.何故…? 本を読む時間が短いようだ,最近.元々あんまり長くないんですが.
先月友達の結婚式のときに行った美容室の美容師さんに薦められた本です.京都出身の美容師さんで「京都から来たんです」て話したらこの本薦められたのです.まだ住んで1年ですが知ってる地名の数々にテンション上がります.著者は京大農学部出身だそうで,そりゃ知ってる場所だらけなわけです.
馴染んだ地名ばかりで楽しいって点を差し引いても,楽しい話でした.恋愛テイストのおとぎ話? 古風な文体で書かれてて,舞台は一昔前なのかな?と思いきや携帯電話が出てきたりして(出てきたよね?確か)不思議な感じでした.知ってる地名ばかりなのに実はファンタジーでそれも不思議.初々しい「先輩」がまたいい.楽しい本でした.他の本も読んでみたいです.まぁ,またいずれ.

今日は気分良い天気でしたね!洗濯日和だ…と書いて,洗濯物干しっ放しなことに気付きました.危ない危ない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です