ブリッジ接続ができなかった原因

彼此1ヶ月くらいから,CentOS5 on VMware のNICがおかしくなってました.
外から接続はできるのに,外へ接続ができない.
試行錯誤する内に気付いたら,VMware Server2を導入していました.
これはかなり遊べそう.色んなOS試してみたくなる.
話が脱線しそうなので戻しますと,どうもホストOSにNICが複数あると駄目みたい.
というのはどこだかで見て,そういえば このPCってLANカード2つささってたな,と使ってない方を無効にする.
→だめ
しかししかし,もう1つあったのです.Samba over SSH 用のMicrosoft Loopback Adapter.
お前か!
こいつは無効にするわけにいかない….って,設定あるんですね.
その1
1. ネットワーク接続から,使わないInterfaceのプロパティを開く
2. VMware Bridge Protocol の check を外す
その2
1. VMware→VMware Server→ Manage Virtual Networks (vmnetcfg.exe) を起動
2. Automatic Bridging タブ の Exclude Adapters に使わないやつを add する
勝手に (使えなくても) ホストOSに繋がってるてきとーなNICを使おうとしてしまうんですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です