5ヶ月前へ

7月に本番のあったヴェルディのレクイエムの録音をいただいたので,登校のBGMに.もちろん登校中に聴き終わるはずはなく,研究室着いてから続きを聴きました.いやぁ,素晴らしいですね,合唱とソロが.特にバスとソプラノのソロが素敵過ぎます.自分のピッコロは…音小さ過ぎ.練習不足がありありとみえる(きこえる)演奏でした.もっと練習すれば良かったと後悔しても遅い.
こんな演奏に参加できたことはとても嬉しいし,また是非参加したいと思う.けど練習時間とれなくて,与えられたパートをきちんと演奏するという責任を果たせないのであれば,参加する資格はないと思う.もう丸3ヶ月以上楽器を吹いてません.吹いてない期間が長くなればなるほど吹くのが怖くなって,もう悪循環.
私にとって音楽は生きてくのに欠かせない存在ですが,必ずしもプレイヤーとして接する必要はない.学位とるまでの間は楽器はやらない,と割り切るのもありかも…と思うのはもう何度目だろうか.とはいえ,先2年間も吹かなかったらそのままやめてしまいそうな気もする.再開に必要なエネルギーは今の比ではないだろうから.それはそれで後悔するんだろうなぁ.細々とでも続けてた方が良いかもしれないなぁ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です