実験やシミュレーション、計算の結果の整理ってのはすごく重要だと思う。そしてその条件や導出方法を整理しとくのは、なお重要だ。
昨年は実験のバリエーションが少なかったので、結構うまくやってたんですが。変わるのは基本的に条件だけだったので。
今年は試行錯誤を重ねてプログラミングして、データ作って、シミュレーションして、計算して…て感じなせいか、もうディスク内がぐちゃぐちゃです。「〜を変えてやってみて」を繰り返す内にもう何がなんだか。
結局まめにメモを残すのが確実なのかなぁ。
なんか整理の仕方も試行錯誤してる気がする。

ファイル名とか変数名をつけるセンスも地味に重要。変数名つけるのが下手で、変数名考えて時間を浪費することもしばしば…。