まだ水曜だというのに、なんだこの疲れようは。身体の黄信号をキャッチしたので、元気をもらうべく演奏会へ。初・生レニングラード。

  • 新日本フィル/ジェームス・ジャッド@サントリー 19:15play
    • ショスタコーヴィチ:Vn協奏曲第1番 (Vn.渡辺玲子)
    • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番〈レニングラード〉

新日本フィルの当日学生席も、実は初めて。1階席最後列。読響の最前列よかいいだろ…と思ったのですが、やっぱり結構音がこもりますね。ここでA席なら2階席後方もしくは舞台周り(P席,LA席,RA席)の方がコストパフォーマンス良い気がする。オケによるかもしれないけど。
学生の内に色んな席座って、一般で買うようになってからの席選びの判断材料にするのも悪くないなぁ。

演奏には満足したのですが…しかし、やはり疲れ切ってるときに聴く曲じゃないと思いました。元気をもらう予定が吸い取られてしまった。4楽章後半からバテて聴こえたのは私の体力が尽きたせいなのか、本当にオケがバテてきたのか。たぶん前者だろうな懼�。
あともうひとつ後悔してるのは、ちゃんと復習してから来れば良かった…と。前半は結構覚えてるんだけど、後半は断片的にしか曲覚えてなかったことが判明。最近ショスタコーヴィチといえば11番しか聴いてなかった。これを機に7番聴き直そう。3楽章がめっちゃ好きなのです、あの情熱的な弦が。

というわけで7番は、前半は非常に楽しめたのですが、後半は疲れて厳しかった(自分の体力が尽きたせい)、と。
終わったら22時近く。そりゃ疲れるわ。帰ったら即就寝。家で作業しようとノートPC持って帰ったのに意味なし。