2006/05/18

まだ明かるい内に研究室出るなんて,罪悪感満開です(昨年は何とも思わなかったのに).しかしいくら罪悪感があったとして,演奏会の魅力には敵いません.ってわけで,久々のサントリーホール.

  • N響/スクロヴァチェフスキ@サントリー 19:00play
    • プロコフィエフ:Pf協奏曲3番(pf.ジョン・キムラ・パーカー)
    • リヒャルト:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」

久々と言っても1月半振りですが.でもホール着いたときにまだ日が暮れてなかったのを見て,ちょっと季節を感じました.

プロコフィエフはひたすら眠くて,途中意識がふっ飛びました….2楽章.意外と?聴きやすくて良かったのですが.ソリストも良かったのですが.2列くらい後ろ(たぶん)の人がいびきかいて寝てたのにはびっくり….しかも1人ならまだしも,明らかに複数人でした.
フルートトップが女性の方で,知る限り初めて見かけたんですが….主席は2人とも男性だし.神田さんじゃなくてショックを受けつつも,かなり気になった.トラ? よく分からん.
さてさて,メインのリヒャルト.期待したかいあったー.すごい楽しめました.Vaを始めとして,弦楽アンサンブルが本当に素敵ですね,この曲は.P席だったのでオルガンの音が後ろから聴こえてきて,これまた◎です.この迫力は生ならではですね!(>_<) 大感激.好きな作曲家リストにリヒャルトが並ぶ日は遠くないな,と思いました.単一楽章30分だって,彼の曲ならあっと言う間です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です