むかし僕が死んだ家 – 東野圭吾

むかし僕が死んだ家

伏線があると思ってたところ、実は違った。まぁいいけど。
最後のクライマックスに入ると夢中で読んでページをめくってしまう癖はいつまでも直らない。先があまりに気になってどんどん読んでしまうんだけど、絶対読み終わってから後悔する。ふっと我に返って、色々読み飛ばしてることに気付くのです。どうにかならないもんですかね。じっくり読めば良いのになぁ。
あ、中身のこと全然書いてない。まいっか。読み終わってから帯を眺めて気付いた。そういえば登場人物は2人だけ。
眠さ限界なのでこの辺で
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です