流星ワゴン – 重松清

流星ワゴン

誰かが読んだとか言ってたような?とか思って。家の本箱に入ってたのを眺めてるときに目がいったんだと思います。どうやら妹の趣味らしい。なんとなくそんな気はした。
パパさん的にはかなり泣けるらしい。というか男性には? 確かに解説にあるように、男性の登場人物が極端に多い。親子じゃなくて、父子の話。でも女性でも泣けます。私は涙ぐみました。家だったら泣いてたかもね…と最近このセリフ多い気がするけど。
子育てって大変だわ…と思った。けど、やっぱり将来子供は欲しいです。「自分を育ててくれた親の苦労を知りたい」なんて…という件がこの本の中にあった気がするけど、私はそうなのです。今まではそれだけだったけど、この本読んだら他の思いも湧き出て。やっぱり子供は欲しいよねって思ったのでした。
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です