2006/01/28

今年入って4週間が経つというのに、まだ今年2度目。(/_;)

  • N響/ブロムシュテット@NHKホール 18:00play
    • ブラームス:Vn協奏曲(vn.テツラフ)
    • ブラームス:交響曲第1番

テツラフは以前タワレコでシベコンを試聴したことがあり。そのCDは気に入らなかったのですが、音色・歌い方自体は好きだったのです。もちろんメインは「ブロムシュテットのブラ1」だけど、前プロもかなり楽しみでした。しかしVnコン聴いたことないのによく頑張りました、私。ブラームスは予習してもブラ1以外は絶対寝てしまうのに、予習なしとは無謀もいいところ。きっと2楽章があと少し長い曲だったら間違いなく夢の世界へ行ってたろうけど、まぁギリギリ。というか2楽章の最後の最後の木管の和音で一気に目が覚めました…悪い意味で。「え!その終わり方はないだろ!」とかなりビックリしました。キレイな2楽章が台無しです。
テツラフの音色は素敵でした。っていうか、アンコールのバッハが! あぁいうの大好きです。泣いちゃいます。

Vnコンは1楽章は2番に似てる(クララもそう言ったそうですが)。
2楽章は1番にちょっと似てる。とか思いました。

さて期待のブラ1。1楽章のリピートがあったのにびっくり。あの意外性と「じゃん!」の一発は何度聴いても笑えます。4楽章は良かった。やっぱりアルペンホルンの主題は何度聴いても震えます。しかも今日のフルートは神田さん♪ ホルンもここのソロは良かった。
そう、4楽章は良かったんだけど他はなぁ…とかなり消化不良。ブロムシュテットは昨年のブル7のが全然良かったなぁ、とか。N響のブラ1は一昨年のサヴァリッシュのが良かったなぁ、とか(生で聴いたわけじゃないけど)。木管があんまり聴こえず。金管(Hr)でかいよー。そして弦は弦でやけにVc&Cbがでかかったような。やっぱりVn小さいのかなぁ。そういえば2楽章のコンマスソロもやけに控えめでした。むぅ、消化不良。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です