2005/10/10

実は昨日まで知らなかったのですが、たまたま時間が空いてたので聴きに行きました。

  • ギュンターフィルハーモニー管弦楽団@東工大講堂 18:00play
    • ベートーヴェン:交響曲第1番
    • リヒャルト:Hr協奏曲第1番(hr.ヴォルフガング・トムベック)

ベト1は実はCD持ってたりします。でもベートーヴェンの1,3,8番が入ったCDで、当然3,8番目当てで買ったのでそんなに聴いてない。ただ「モーツァルトぽかった」という印象だけ。今日聴いて思ったのは「モーツァルト風ベートーヴェンみたいな感じ」とまぁまた似たような感想なのでした。一見モーツァルトな感じなんだけど、展開の仕方がベートーヴェンな感じ。あくまで私の勝手な印象。眠くならないモーツァルト(笑)。
リヒャルトのHr協奏曲は密かに聴くのが2度目。ティルを髣髴とさせる旋律がステキですねぇ〜♪ トムベックの音色はほんと聴き惚れるばかり。力強いとも違う、あの音色にうっとりでした。

演奏会前後は練習。「最近部室よく来ますね〜」と何人かに言われる。そうでもないと思うんだけど、そういえば1,2ヶ月ずっと行かなかった時期があったからなぁ。それを思うとよく来てるなぁ。今日は長く吹いた割に全然鳴らず、不完全燃焼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です