昨夜は19時就寝、今朝は10時半起床。もう無気力爆発です。意味不明。

無理言って夕方1時間だけレッスンをしていただくことになっていたので(昨日の分)、音出ししに部室へ。昨日よかマシだけどあんまり乗らないなぁ、と思いつつレッスンへ。バッハが仕上がらない気がしてきた。いや、前から仕上がらないような気はしていたけどね ;(
「もう嫌だ。やっぱりもっと楽な曲にすれば良かった。」とか思いつつ、今度は急いで調布へ。

都響@調布市グリーンホールです。演奏会は久々だ。と前回演奏会に行ったときと同じ事を思いました。2日の早稲オケ以来なので、半月以上振り。

  • グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
  • プロコフィエフ:Pf協奏曲第3番 (独奏:岡崎咲子)
  • チャイコフスキー:Vn協奏曲 (独奏:神尾真由子)
  • ハチャトゥリアン:バレエ音楽「ガイーヌ」より〈剣の舞〉、〈子守歌〉、〈レズギンカ〉
  • (encore→ガイーヌより〈バラの娘たちの踊り〉)

でした。ソリストが21歳と17歳と若いのが印象的でした。印象的?なんか違う。
チャイコンがすごい良かったです。"すごい良かった"じゃあ全然伝わりきりません。感激でした。(>_<)(>_<) 顔文字を2つ並べて感激の度合いを強調してみたり。チャイコンて2回くらい聴いた事あるはずなんですが、今日聴きながら何度も「こんなに良い曲だったっけ?!」と思いました。明日、同じソリスト同じ指揮同じオケでまたチャイコンをやるのですが、また聴きに行こうかと思ってしまった。練習があるから行けないけどね。ほんと良かった。聴き終わった後でそういえばソリストは17歳であることを思い出して更にびっくりしたり。でも年齢なんて関係ないのかな。
この人がまたいつかVnコンやるときはまた聴きに行きたいと思いました。

他の曲ももちろん満足満足。ロシアものばかりだし。いやぁ、楽しかった。今朝の無気力も何処へやら。レッスン後にうじうじしていたのも何処へやら。すっかり上機嫌で家まで帰ってきたのでした。

やっぱり私の精神安定剤は音楽みたいです。