129th Regular Concert

初めて悔し涙を流しました。
チャイ4の3楽章のピッコロソロ失敗したのが、本当に悔しくて悔しくて。
ソロ直後からもう泣きそうだったんですが、なんとか飲み込んで。
ぼろぼろながらも何とかアンコールまで吹ききったんですが。
退場のときにトップに「お疲れ様」と言われた瞬間、我慢できなくなってしまって泣きついてしまいました。
…しかし、今思えばもしかしてビデオに映ったかも?嫌だなぁ、恥ずかしいなぁ。(–;;
そんなんで(働きもせず)ずっと泣いてて、トップとトレーナーの先生にはご迷惑おかけしました…。
楽屋でも片付けながらずっと泣いてて、きっと同室の人々は対応に困っただろう。
1人で楽屋を湿った雰囲気にしてしまって、申し訳ないです。
(3年の引退が悲しくて泣いてると思った人もいたかな、もしかして。違うよー。)
それでも「かっこ良かったです」「すごい良かったです」て後輩たちが言ってくれて、めちゃくちゃ嬉しかった。
他にも沢山の人にフォローされて。そんなことを言われる度に泣いてしまってました。
本当は出ない予定だったレセですが、「ぱーっとやったら?」と言われ、出ることに。
確かにこのまま帰ったら、家で1人でうじうじしてるだけだろうと思ったので。
レセで謝ったらちょっとスッキリしました。ちょっとね。また半泣きだったけど。
3年生引退なのに申し訳ないってのもあった。2年生の私ごときがソロいただいちゃったのに失敗して。
でも何よりホントに悔しくて。
出だしのフルートとのソリだけは絶対成功すると思ったのに、そこも失敗して。
今でも思い出すと涙がこぼれてきそうになります。いつでも泣ける勢いです。これ書いてても泣きそう。
そんくらいなのであまり話題に出さないでやって下さい。出して泣かれても知りませんよ。
でも何とか「悔しかったら次成功すれば良い」と結論付け、春の新世界&セビリアにかけることに。
泣くほど悔しく思えたってのも、考えようによっては良いことだったかもしれません。
良いことっていうか、良い経験になったというか。落ち着いてくると「それはそれで」って気もしてきます。
ただ、それで頭が一杯でチャイ4の4楽章に感動を味わえることが出来なかったのは心残り。
あ!そうだ、胡桃割人形。
こっちは結構な出来で満足です。楽しかったし♪
中国の踊りは全く完璧ではなかったけど、あんなもんだろうと思います。
葦笛の踊りはもっと低音の練習すれば良かった、と思うけど。でも楽しかった。
諦めずに選曲に出して良かったです。先輩たちとこの曲が吹けて良かった。
このメンバーで演奏できて良かったってのは、チャイ4もですけども。
来年またそういう風に思えたら良いなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です