Summer Concert

合宿終了!!…ということは、サマコンも終了です。
うちのオケでないひとの為に簡単に解説しますと、サマーコンサートというのは毎年合宿先でやる演奏会です。
場所が場所なので知合いはほとんど来ません。客は地元の人ばかりです。
私が乗った曲は、エグモント序曲の1st、亡き王女のためのパヴァーヌの1st(、とアルヴァマー序曲)でした。
というわけでまた1曲ずつ反省を書くとしましょう。
エグモント。実はベートーベンはなんとなくあまり好きじゃなかったのですが、
やりがいのありそうな曲だったので乗ってみることにしました。
ベートーベン、別に悪く無いじゃ〜んと思った1曲。Piccoloも相当吹きたかったのですがそこは我慢。
2年生はトップ2曲ねって言われてたし。まぁエグモントPiccは工大祭でちゃっかり吹かせて頂きます。(–;;
長〜い派手なソロがあるわけではないけど、Cl&Obとの掛け合いなソロがあってあれが大変でした。
他にも木管トレーナーの方に今まで言われたことないようなこと言われたりして混乱混乱。
でもすっごい勉強になった曲でした。本番上手くいった(っぽい)し、良かったです。
大変だったけど楽しかった。
パヴァーヌ。フルートソロに惹かれてつい「吹きたい!!」と言ってしまった。
エグモントとパヴァーヌというヘビィな組合せに後々後悔したものです。
エグモントとは違った意味で難しかった。ていうか完全に個人の技量が問われる曲ですからね。
普通に修行不足でした。ひたすら謝るしかない。管のトップは他は皆3年生。差が出るなんてもんじゃない。
本番立たせてくれた指揮者サマには感謝するしかありません(初めてだったので)。
今でも吹いたことを後悔する勢いな曲ですが、なんだかんだ練習し出したときよりは上手くはなったので良かったかな。
…と一応前向きに終わってみようと思います(笑)。
アルヴァマーは…勝手にピッコロ吹いちゃってゴメンなさい。これだけです。
本当はピッコロなんてないのに、暴走して1stの譜面見ながらピッコロ吹いてました。
しかもコピーをミスったお陰で、しかも合宿先でそのことに気付いたので、3頁目がありませんでした(笑)。
コピーし直すのは面倒だったのでそこだけ暗譜で吹かせていただきました。途中Tpのメロディー吹いちゃいました…。
とまぁ、ひたすら好き勝手やってました。ご迷惑おかけして…。
来年はピッコロある曲やりたいなぁ、吹奏楽。ホルストの2組とか☆
うわぁ、いつもに増して長いな。ここまで呼んでくださった数少ない皆様。ありがとうございました。
ちなみにミニコンは、ペールギュント第1組曲より「朝」の1st、エグモントの2nd&Picc、アルルの女第1組曲より前奏曲の指揮者。
サマコンに増して大変なことになってます…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です