ピアノ合わせ

いつの間にやら来週末に迫っているおさらい会。今年は夫(オーボエ)とバッハの協奏曲BWV1060Rを吹きます。私が吹くのはソロヴァイオリンパート。
弦楽器の楽譜を管楽器で吹くというのは無理あるのです。弦ならなんてことのない十六分音符の連続、管楽器だとブレスしないといけないし、運指も大変だし。でも、割と健闘してます。たぶん。

今日は夕方からピアノ合わせ。
というわけでお昼はふたりで練習。先週末レッスンしてもらったばかりなので、ピアノ合わせでがっかりされるような事態は避けたい。その後少し1人でもらさって先生宅へ。
伴奏が入るとガイドになるのでとても吹きやすくなります。一度通して「先週より随分良くなった」と先生に言われ安堵。テンポなど確認して全部で40分程で終了。それにしても、弦4人+チェンバロをピアノ1台で弾くのですから、伴奏は大変そうです。しかも今までにやったことない曲だろうし。

夜は先週末に引き続き、おさらい会の全員合奏の練習。個人的な出来はいろいろ怪しいですが、全体としてはちゃんと木星らしくなって、聴ける演奏になってるのでは 木星やると聞いたときは「無理!」と思いましたが、できるものですね。大人数の効果もあるか。

楽器たくさん吹いて楽しい1日でしたが、疲れました… 明日はオケ練x2で休む間なし。月曜会社休みたい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です