会社の数字

会社の数字を科学する (PHPサイエンス・ワールド新書)そういえば企業会計の本を読んでみたいと思っていたのを思い出して、何となく手に取ったのがこの本。図書館には他にも色々わかりやすそうな会計の本はありましたが、タイトル的にこれが解りやすそうな気がしたのです。

想像と違った説明の仕方ではありましたが、非常にわかりやすかったです。「科学する」というよりは「ひとつひとつの言葉をきちんと定義する」本。実際本の冒頭には「定義が科学の第一歩」とあり、そういうスタンスの本であるようです。会社の仕組みや株、B/SやP/L、減価償却、不良債権、などなどとにかく解りやすく説明されていて、大変勉強になりました。が、一気に情報が入ってしまったので、再度改めて復習がてら読みたい気もします。
でもまだまだ他にも読みたい本も一杯ある。悩ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です