N響定期会員

N響は3ヶ月のシーズン会員は何度かなりましたが、年間会員となったのは初めて。会場がサントリーホールだし、AプロとCプロと比べて圧倒的にプログラムが良いBプロは1回券は中々買えない上(最近そうでもないみたいだけど)、シーズン会員は無く…いつかは年間会員になってしまおうと思っていたのでした。さて本日が1日目。

  • プレヴィン&NHK交響楽団 19:00play@サントリー
    • モーツァルト:交響曲 第1番 変ホ長調 K.16
    • モーツァルト:交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
    • ハイドン:交響曲 第102 番 変ロ長調 Hob. I-102

モーツァルトとハイドンのプログラムなんて、単発で行くことはまずない。でももちろんモーツァルトもハイドンも好きなわけで、生で聴けて大変満足。こういう風に普段聴かない演奏会に行く機会ができるのが年間会員の良いところ。
ずっと同じ席なので席の様子も気になってました。普段座らない2階席センター後方。でもサントリーは後方でもあまりステージが遠くならないのでさほど気になりません。まぁまぁ正面でGoodでした。この先何年かはこのままこの席にお世話になることになりそう。

モーツァルトの最初の交響曲と最後の交響曲。続けて聴くと規模があからさまに違う。1番は室内楽っぽいですね。クラリネット好きの印象が強いモーツァルトですがこの2曲はクラリネット無いんですねぇ…。そして何となくフルート嫌いとよく聞きますが「モーツァルトの手紙」読んだときも思ったけど、別に全然そんなことないんじゃないの?と思う。41番にはフルートいる。1人だけどね。
メインはハイドン。ハイドンのフルートはとっても楽しそうで、いつか1st吹きたいなぁなどと。
プレヴィンさんの付き添われながら杖ついて登場に少々びっくり。前はそんなことなかったような? お年ですものね。でもまだまだ降ってて欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です