In Time

久し振りに映画観に行きました。今の部屋に引っ越してからは初です。自転車で行ける距離に映画館があるのですが、今日は悪天候のためそんなこともできず。いや、出掛けるとき既に雨は止んでいたけども。

「タイム」は随分前に予告を観て、すっごい印象に残ってて。もう映画観に行ったような気すらしていたのですが、全然そんなことありませんでした。何でそんな気してたんだろう。もう大期待ですよ。大好きだもん、こういう映画。
そして期待通りでした。観に行って良かった。良い映画でした。満足。
本当に「時は金なり」になってしまったというお話。
そしてお金持ちは事実上「不老不死」となるわけですが、そんな不老不死を手に入れた人たちの心理描写はスカイ・クロラのキルドレをちょっと連想する。彼らも不老不死ですからね。でも同じ不老不死でもだいぶ違う。この辺りじっくり考えてみるのも面白いかもしれない。少なくとも不老不死って全然楽しいことじゃないんじゃないかな、とは思う。

転じて。
「1日が、1週間が、もっと長かったら色んなことができるのに」なんて思いますが、ある程度の制約があるから、必死になったり、焦ったり、緊張感があったり、楽しめるのかもしれない。制限があるから、やりたいことあるときにそれなりにすぐ行動したりする。持ち時間が永遠になってしまったら、実は何にもできなくなっちゃうんじゃないだろうか。
なーんて考えは止まりませんね。考えてもしょうがないのかもしれないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です