初演奏会

今年の初演奏会はオペラシティ。昨年ラストもオペラシティでした。N響です。

  • レナード・スラットキン&NHK交響楽団 19:00play@オペラシティ
    • ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲作品56a
    • モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調K.313 (Fl.高木綾子)
    • ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
      (encore: G線上のアリア)

このプログラム、このソリスト、N響、そりゃ行くでしょう! かなり楽しみにしてました。
が。協奏曲以外の2曲は非常にいまいちな演奏で凹んで帰ってきました。しかしベートーヴェンが終わった瞬間は拍手喝采だったので、そう思っているのは私だけかもしれません。トランペット、ティンパニ、ホルン、ファゴット、が罪な感じでしたね。思えばこのところN響聴きに行く度に金管の文句を言ってる気がします私。しかしファゴットに不満を覚えるなんて滅多に無いですよね。ていうか初めてだよ。トランペットもティンパニもファゴットも非常に雑で勿体無かったです…。デリカシーが無いというか…。
透き通ったブラームスを期待していたのに、音色が非常に濁った感じ。低音が汚なかったのかなと思う。よくわかんないけど。
まぁ不満いっぱい書いてもしゃあないので、この辺でやめましょう。

協奏曲は素敵でした。あんな風に上手にブレスができたらいいのに。
ベト7のフルートも素敵。やっぱり神田さんのフルートはオケで吹くのが好きだな。でもフルート協奏曲も聴いてみたかった気もするなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です