後輩の研究会の原稿を添削してたのですが,修正箇所があまりに多いもんだから直接編集してしまった方が早いだろ,とひたすら書き直しました.締切が明朝なのに昨晩の時点でまだ完成してないという超ギリギリ状態だったのも理由の一つ.書き直し始めてすぐ「やっぱ論文書くのも大変だわ」と気付いたのですが今更後に引けず.でも文章書く訓練にはなったか? 午前中の内にさっくり終わらそうと思っていたのですが,案の定無理で結局今日一日これしかやらずじまい.大変でした.でもこの後輩の論文みるのも今回が最後.それに「3章すごいわかりやすくなりました」とその後輩に言ってもらえたので,とりあえず満足.まだ先生のチェックは通ってませんが….まだまだ文章のクォリティ上げる余地はあったのですが,疲れたので最後後輩に投げて帰りました.自分の論文じゃないもんだから最後の頑張りが効きません.最後の方はかなりやっつけ….でも1st author(後輩)と先生が何とかしてくれるはず.

「わかりやすくなった」と喜ぶ後輩をみて,もっと早い時期に論文書き直すってのをやれば良かったかな?と思いました.超今更ですが.どうも彼は「わかりやすく文章を書く」という努力が足らないように感じるのです.わかりやすくなった文章を読んでれば,もっとそういう努力をするようになってたかもしれない,とか.
まぁいいか.気にしないことにしよう.