3D

カールじいさんの空飛ぶ家 ディズニー・リミティッド・コレクターズ・エディション (ディズニー・リミテッド・コレクターズ・エディション)3Dな映画ってどんなものか観てみたく,「カールじいさんの空飛ぶ家」を観に行きました.

元々メガネをかけてても,ちゃんと3Dメガネをかけられるのか?という点について,かなり気になってたのですが,まぁ問題ないです.ただ,眼鏡の上に3D眼鏡を乗せる形になるので,結構重い.途中鼻が痛くなりました.まぁ,何も考えずに重めのセルフレームをかけていたせいかもしれない.メタルフレームなら重さの問題はないと思うけど,細いフレームの眼鏡の上に3D眼鏡を乗せるのは不安かも.あまり華奢なのは歪んじゃいそうだ.
3Dは「うわぁっすごい!」て程では全くなく「あぁ3Dだね」程度.しかし疲れます.涙がぼろぼろ出て大変でした.鼻が痛いのと,目が疲れたのと,で途中我慢できなくなりメガネを外す始末.というわけで,3Dは何か画期的な改善が無い限り,もう観に行きません.

映画自体は良かったです.普通のディズニーアニメ.良かったけど「ウォーリー」の方が断然良かった,と思うのは個人的趣味からか(ウォーリーは主人公がロボットだし).いろいろ設定に無理があって,まぁアニメだからいいじゃんって範囲内だけど,私にとっては微妙に許容範囲外でした.夢見なさ過ぎですかねぇ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です