修士課程最後の発表だというのに,最後まで先輩にも先生にも頼って,相変らず情けない.修士2年といったら普通なら先輩なんかいないのに.先輩がいなかったらどうする気だったんだろう.

先生も出張先からスライド修正していただいて,ひたすら感謝するばかり,というか情けないばかり,というか.
心配で心配でたまらなかったんだけど,先生からの「〜〜だけ補足すれば大丈夫では?」という一言ですごく気が楽になった.また感謝.いい師をもちました.

学内発表は本当に気が重い.学外発表で替えられるならいくらでも学外発表やるよ…というくらい,嫌いです.
でも明日の修論発表が終わっても,博士の構想,中間,予備審,公聴会,最終審査…まだまだ沢山ある.それでも「短い時間でいつもより多くのことを説明しなくてはいけない」という制約は今回まで.そう思うと少し気が楽.