音の影

音の影先日本屋をふらふらしてるときに新刊コーナーで発見,なんか買ってしまった.岩城さんの本は読んでみたかったのです.(岩城さんは昨年の夏に他界された指揮者です.年末のベートーヴェン全曲マラソンを1人で振った方.演奏会は数回しか聴きに行ったことがないけど大好きな指揮者の1人で,訃報を聞いたときのショックは相当なものでした.今でも泣きそうになる)
アルアベット順に作曲者の章が並び,それぞれの作曲家に対する思い出話が綴られてます.豆知識的なことも書いてあってすごい面白い.岩城さんの書く文章も面白い.しかし S の項に Shostakovich が取り挙げられていないのが不思議というか寂しいというか.でも好きな作曲家 5 人には入るらしい ( 3 人からは漏れるらしいが ).ガイーヌの日本初演を聴いたとか,音大時代の話音大生時代の話とか,…もうどれも面白い.岩城さんは他にも本をいっぱい書いているので,是非他の本も読んでみようと思う.

本の中に,活字を押したら音が出る仕組みがあればいいのに…というのが何度も出てくる.全くだ.音楽関係の本を読む度に思う.のだめもね.でも,実際そういう風になったら電車では読めないなぁとか,そしたらイヤフォンつけたらいいのかなぁとか,考えてもしょうがないことを考えてました.
好きな指揮者5人 というのと,好きな作曲家5人 というのが出てくる.どちらもその後に「3人選べと言われたら…」と書いてあるのが楽しかった.しかしどちらも選ぶのは難しい…けどこの話まで書いたら長くなってしまうのでまたいつか書きます.

あとがきが佐渡裕氏.これも面白かった.でも最後泣きそうになっちゃいました.

皆既月食,すっごい楽しみにしてたのに曇ってて見えず.残念.(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です