幻夜

幻夜幻夜を読み終えました。実は2007年初の東野圭吾氏の作品。読み出すと止まらなくなるので、小説は電車でしか読まないと決めているのですが…帰りの電車で物語の佳境に入ってしまい、どうしても気になったので帰宅後読んでしまいました。19時半に帰って読み終えたのは21時半。あらあら。
そういえば白夜行にもこんな女性が出てきたような…と思い至ったものの、白夜行のストーリーはキレイさっぱり忘れてしまってます。いつもそう。小説ってほとんど読んでる間しかストーリー覚えてないのです。夢中になって一気に読み終えてしまうことが多いから。もう一度白夜行読もうかな、という気になりました。今何故か研究室に置きっ放しだし。

話が前後しますが、実験TA後は某後輩から夕飯の誘いをいただき、久々に某定食屋さんへ。あれ?蕎麦屋だっけ? たぶん年単位で行ってない。なんか懐かしかった、とろろ定食。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です