ORCHESTRA TACET

昨年に引き続き、トラで乗りました。
ORCHESTRA TACET@セシオン杉並 14:00play
・モーツァルト:交響曲第31番〈パリ〉
・チャイコフスキー:交響曲第5番
トラの話が来たのが、先月10日。楽譜は翌週には届いたのですが、その週は風邪でダウン。
なので練習期間は1ヶ月。このプログラムで!
さらう時間が本当になくて、年末年始くらいしかさらえなかった。
時間がないのは分かってたので、両方2ndにしてもらったのでした。
モーツァルトは特に問題もなく。
ってわけで、チャイ5についてつらつらと。
トラの話が来たとき、実は5番がマイブーム中でして。
卒論あるし…と迷ったけど「チャイ5吹きたい!」の思いが勝ちました。
私のツボ旋律がかなりあって(裏メロ大好き♪)、すごい楽しかったです。
さて、出来ですが。
3楽章の16分音符は必死で数えたかいあって、本番は落ちず。これだけで満足。
でももっとさらい込みたかったです。普通に吹けてなかったから。すっごい好きなのになぁ、3楽章。
あとは4楽章Presto。これは吹ける気がせず、実際吹けませんでした。
本番一週間前で諦めて、拍の頭だけ吹くことに勝手に決定。いやぁ、情けない。
両曲通して思った課題はタンギングかな。以前より下手になってますね。
ダブルもシングルもちょっと…これは練習しないと。
3月の特演で一旦楽器は引退して、修士の間は吹かないつもりだったんだけど。
やっぱ本番やると楽しいのです。楽器もオケも続けたくなります。
本番で吹くためだけに、色々犠牲にしてもいいと思いました。お金とか時間とかね。
やっぱ聴きに行くのとは違う楽しみなんだよなぁ。
というわけで、引退宣言は撤回します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です