どんなに上手に隠れても – 岡嶋二人

どんなに上手に隠れても

うーん、作者が偏ってます。親の本棚から本を選んでるので仕方ないのですが。横山秀夫(「半落ち」の作者)の本を読みたいと思ってはいるのですが、本屋に行く機会もなく。家にある本を読んでしまう。まぁ、本屋に寄る機会があったらってことにしよう…。そういえば「いのちのハードル」も読みたいんだけど、買ってないまま…。
と、関係ない話はさておき。アイドルが誘拐される話。誘拐の話なのに、誘拐された娘は物語の中盤で無事帰ってきます。でもそっからが面白いです。コレは全体としてだけど、業界っぽい話があるのが面白い。大胆かつ綿密な計画が終わりの方で崩されてく…最後はもう夢中で読んでしまいました。
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です