2005/12/23

演奏会二本立て+忘年会。贅沢を極めてる感じです。

  • 東京フィル/下野竜也@オーチャード 15:00play
    • バーバー:弦楽のためのアダージョ
    • ベートーヴェン:交響曲第9番〈合唱付〉

久々のオーチャード。ぼーっと歩いてたら、気付いたらNHKホールに向かってました。「オーチャード久し振りだなぁ…♪」て思いながら歩いてたのに、習慣て恐ろしい。
今年末は今までにない多忙っぷり(忘年会で)ゆえ、第九に聴きに行けない危機でして。半ば無理やり行ってきたのでした。新日本フィル@トリフォニーと軽く迷ったのですが、錦糸町まで行くのが面倒になり結局東京フィル。が、やっぱり新日に行けば良かったかも…と軽く後悔。ホールの特性なのか分かりませんが、木管がことごとく埋もれてまして。かと思えば変な場所で浮いたりしてたんだけど。なんだか管が微妙な感じでした 三楽章冒頭の雑さにげんなり。四楽章冒頭はTpしか聴こえないし(超個人的見解ですがここがTpが目立つとすごいダサいと思うのです)。
しかし二年前に東京フィルが同じオーチャードでやったときは大満足で帰ったのですがね。うーん。何よりラストのピッコロがほとんど聴こえず不完全燃焼でした。もう1回聴きに行こうかなぁ、第九。

夜は一足先にクリスマスを感じてきました。

  • Trouvere Quartet&水野均(Org)@サントリー 18:000play@芸劇 14:00play
    • J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ト長調
    • シューベルト:アヴェ・マリア
    • C.フランク:天使のパン
    • ベッリーニ:バレエ『ノルマ』から「清らかな女神よ」
    • ヴィヴァルディ:Vn協奏曲「冬」ヘ短調
    • デザンクロ:Sax四重奏曲
    • 水野均:クリスマスキャロル・メドレー
    • 長尾淳:トルヴェールの《惑星》より「彗星」
    • メンケン:美女と野獣
    • 長尾淳:Natch-knocker〜バレエ音楽「胡桃割人形」から
    • (きよしこのよる)

席がLA席だったのですが、あの場所でパイプオルガンを聴くのは初めて。オルガン奏者が弾いてる様子がめちゃよく見えて面白かった。オルガンコンサートのびらはよく見かけるけど「行ってみよう」と思ったことはないです。が、今度行ってみても良いかもなぁ…と思いました。あのパイプの独特の音色が良いね。ふわふわしてて、でも迫力あんのが。
それにしてもトルヴェール+長尾淳の組み合わせは素晴らしいですね! 演奏会は二度目だけど、ほんと期待を裏切らないです。最高に楽しい編曲。私はさっぱりサックス吹かないけど、そんなのは関係ないです。CD買おうかなぁ。でも生ならではって気もしなくもない。

そしてこの後は忘年会へ。サークルの4年生での忘年会でした。いつもはちゃんと最後までいるのですが、連夜の忘年会で風邪がぶり返しかけてたので断念。泣く泣く一次会までで帰ってきました。でも朝まで遊んだらまた二週間前と同じように声が出なくなりそうな気がしたので。しょうがないです。ぐすん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です