2005/12/14

某社のセミナー?に行ってきました。情報系の女子学生を対象にしたものだったので、厳密に言えば私は対象外なのですが(私は電気系)、まぁ別に興味あるならいいよって感じだったので参加。大学から近かったし。したらFgの先輩に会いました。びっくり。たぶん、向こうの方がびっくりしただろうと思うけど。
あ、情報工学科の友達に教えてもらったので、せっかくだから行ってみたのです。

以前「○○に行くんですよー。研究所の中見れるっていうし」ていう話をしたら、「でも外資系はねぇ〜」と言われたので、なんとなく「外資系微妙かも」というのが私の中にあり。でも今日話を聞いて、外資系も悪くないじゃん!と思いました。こうやって色々な企業の話を聴きながら、志望を決めるのかなぁ?と思いました。他の人はどうだか知りませんが、私は「二年間しかない修士課程で、あんまり就活に時間取られたくない」って重いがカナリ強いです。だから今日は行って良かったかな。早くから先のことを考えるという意味で。まぁ、心配するほど就活には時間取られないみたいだけど(集中してやるのは一月とからしい)。

せっかく色んな話を聴ける機会だから、質問とかしたかったのに。のに、この声で話すのも嫌だったので色々断念。(/_;)
しかし、女性ばっかりってやっぱり慣れない。相当に居心地悪いです。理系の女性だとしてもそれは変わらないらしい、というのはある意味発見でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です