夏休み

なんだよね、小中高生は。良いなぁ。
T市民オケの演奏会へ行ってまいりました。Dvorak:スラヴ舞曲8番、Borodin:中央アジアの草原にて、Smetana:「売られた花嫁」より道化師の踊り、Tchaikovsky:胡桃割人形、です。行くっきゃない!つぅプログラムです。中央アジア〜は初めて聴きましたが、良いですね。だったん人の踊りと同じ雰囲気が漂ってる(笑)。やっぱりいつかタワレコで見かけたBorodinの作品集欲しいなぁ〜。別にアレじゃなくても良いんだけど、とりあえずBorodin。あ、道化師の踊りも初めて聴いた。楽しい〜。序曲には劣るけど(笑)、やっぱりあぁいうタカタカと速いのは好き。スラヴ舞曲は言わずもがなです。吹きたいなぁ…。終演からずっとこの曲が頭から離れません。胡桃割はどこぞの高校の合唱部が合唱つけてました。すっげーうまかった。舞台に登場したときは「若すぎる…中学生だろ」なんて思ったのに、終わってから帰っていく彼女たちをみたらやっぱり高校生な感じでした。

とある方が日記に恋愛頭脳の結果を載せてて、面白そうなのでやってみました。恋愛感レベルは大人(14段階中5番目)でした。誰かに13段階中3番目とか報告してしまったんだけど、大嘘ですね。ゴメンなさい。”可”とか”適”とかのは書いてもつまらんので、そうじゃないヤツを抜粋してみたり。真似してすみません。>Y氏

自己犠牲の精神:変
 尽くすことで自ずとテンションが上がるのでしょうか?Saltさんはあまり自分を省みず、前のめりの恋愛を繰り広げるタイプです。この場合、彼氏彼女選びは慎重にならなくてはいけません。寂しさなどにまかせて決して都合のいい人にはならないよう、相手の気持ちもよく読みましょう
駆け引き:極端
 Saltさんは一般レベルよりかなり駆け引き重視に偏っています。テクニックを駆使して相手より優位に立つ恋愛を無意識のうちに繰り広げていませんか?このテの恋愛は自分はラクですが、気づけば相手が疲弊していたり、別れた後にむなしさが残ったり…

駆け引き重視なのが(しかも「かなり」)意外でした。しかも尽くすタイプ?!そうなん?って感じです。てか、この2つて微妙に矛盾している気がしないでもない。あと、

許容と束縛:可
一般レベルよりも放任主義に偏っています。当然好まれるタイプですが、それは都合が良いからです。Saltさんの彼氏彼女がいつのまにか消えたことがありませんか?包容力があるのか我慢強いのかはわかりませんが、どちらにせよ帰巣本能のある異性と付き合うことをおすすめします

なんてことも言われました。帰巣本能のある男性っつぅ言い回しがちょっとウケました(笑)。しかし「相手にとって都合がいい」と2度も言われてしまうとはね。

はぁ、今日もまた遊んでしまった。明日こそは…!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です