オールロシア

読響の土曜マチネ。来月は所用によりサボり予定なので最後です。来シーズンの継続はなし。

  • ユーリ・テミルカーノフ&読売日本交響楽団 2/10(sat)14:00play@芸劇
    • チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 (pf. ニコライ・ルガンスキー)
    • ラフマニノフ:交響曲第2番

「ロシアプログラム」「テミルカーノフ」しか頭になかったのですが、このプログラムだったか。

…とここまで書いたまま1ヶ月半経ってしまいました。既に「所用によりサボり予定」だった3月の演奏会も終わってます。ちなみにこのチケットはおけぴで譲りました。お世話になってます、ほんと。

さて話が戻ってテミルカーノフさんのロシアプロ。
ラフ2はロマンチック過ぎてちょっと苦手なのですが、この日の演奏はロマンチック過ぎない演奏でとても気に入りました。苦手と思ってる曲でも色んな演奏聴くと好みな演奏もあるもんなんでしょう。でもそんな演奏を頑張って探すよりは好きな曲を好きな奏者で聴く方にどうしても走ってしまいますけどね。強制的に色んな演奏が聴ける定期会員ってやっぱりいいもんだな、と思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です