パーヴォ&N響:シベコンとショス10

一月振りの演奏会。

  • パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団 19:00play@NHKホール
    • シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 (Vn.諏訪内晶子)
    • ショスタコーヴィチ:交響曲 第10番 ホ短調 作品93

フルートは甲斐さん、オーボエは青山さん。N響はしばらく聴きに行けないので「最後に神田さんの演奏を聴きたい!」と思っていたのですが残念。ピッコロは菅原さん。

春に聴いたテミルカーノフ&サンクトペテルブルグ響とのチャイコンがとっても良かったので、諏訪内さんのシベコン楽しみにしていたのですが、今日はソロはそれほどでも…3楽章は良かったかな。1楽章はちょっと音程が不安定だったり、オケとずれそうになったり冷や冷やでした。得意な曲らしいので明日は良い演奏になるかもしれない。1日目だとどうしてもこういうことを思ってしまう。
でもオケの音はとっても良くて、これなら先週末のシベ2も聴きに来れば良かったとちょっと悔やみました。チケット買ってあったのですが、練習が被ってたのと前半の曲がどうも乗り気にあんれなかったのとで譲ってしまったのでした。まぁ、放送で楽しむことにしよう…。

ショス10はショスタコーヴィチを堪能。3楽章でHr外しちゃったのは残念でしたが…、ファゴット水谷さんのソロが素敵でした(シベコンも)。ピッコロ二重奏はバランスが少し悪かった (2ndが大きい) のが気になりましたが、良かった。あの二重奏はいつか吹いてみたい。
N響ショスタコといえば、11月にあった井上道義さんとの12番の方がずっと良かったと思いましたが、今日は今日で良かった。もっとも、曲終わった後のブラボーは今日の方が大きかった気がするので、皆さんの好みはこっちなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です