横山幸雄さんリサイタル

JapanArts夢倶楽部の招待券、どれに行こうか検討している内にこんな時期になってしまい。3月のプラハ響の我が祖国と悩んで、結局こちらに。改装前のサントリーホールは今日がラスト。

  • 横山幸雄 デビュー25周年記念リサイタル 18:30@サントリー
    • モーツァルト:幻想曲 K.475
    • モーツァルト:ピアノ・ソナタ第14番 K.457
    • シューマン:幻想曲 Op.17
    • シューベルト:即興曲 Op.142-1
    • ショパン:幻想即興曲
    • ショパン:ノクターン 第20番(遺作)
    • ショパン:アンダンテ スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22
    • ショパン:バラード第1番 Op.23
    • リスト:スペイン狂詩曲 S.254/R.90
      [encore] シューベルト:即興曲 変ト長調 op.90-3
      [encore] 横山幸雄:オマージュ・ア・ラフマニノフ ヴォカリーズ
      [encore] 横山幸雄:アヴェ・マリア ―バッハ=グノーの主題による即興―
      [encore] ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」

9月に横山さん&晴海のベートーヴェン聴きに行ったときもそうでしたが、ピアノの演奏会というのはいつも行く演奏会と客層が違い過ぎてアウェイ感はんぱないですね…。とにかく女性が多い。休憩時間にトイレに長蛇の列ができるほど!サントリーホールのトイレの列なんて男性しか見たことなかったのに。横山さんは後援会もあるとのこと。やっぱりクラシックはクラシックでもピアノは奏者も聴衆も人数が全然違うんでしょう。すごい。

横山さんのピアノは好きだけど、基本的にピアノ曲なんて聴かないので今日のプログラムで知っていたのは幻想即興曲、ノクターン、英雄ポロネーズ、くらい。それでも、(2,3曲目はかなりうとうとしてしまったとはいえ、) 横山さんの奏でる音楽に酔いしれました…。
印象的だったのはやっぱり知ってる曲。幻想即興曲って何度も何度も耳にしてきたのに全然違う曲に聞こえた。これが幻想即興曲か、今まで私が聴いてきたのはなんだったんだろうと思ってしまいました。衝撃的だった。
そして最後の英雄ポロネーズでは思わず涙。
終演は21:20というかなり長丁場の演奏会でしたが、あっという間でした。CDも買ってみようかな、などと思ったり。といって買わないのがいつものオチですが…結局ライヴに行ってしまうんだよなぁ。普段CD聴く習慣ないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です