パーヴォ&N響:ブルックナー2番

シルバーウィーク演奏会ラッシュのラストを飾るのはパーヴォさんのブルックナー。

  • パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団 15:00play@NHKホール
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595 (pf. ラルス・フォークト)
    • ブルックナー: 交響曲 第2番 ハ短調

フルートは神田さん、オーボエは青山さん。
モーツァルトのピアコンは神田さんのフルートに釘付け…いや、ピアノにももちろん、なんですが。途中のフルートソロが素敵でした。あこがれの音色です。木管笛にしたらちょっとは近付けるのかしら。そういう問題ではなさそう。
モーツァルト寝ちゃうかもと思ったのですが、案の定うとうと…。
ブルックナーは寝ることはないだろうけど、念の為休憩中に少しカフェイン注入。

ブルックナー2番はたぶん聴くのは初めて。予習ゼロ。
…でしたが、とても楽しめました。ブルックナーらしいトレモロで始まり、ユニゾンあったり、いろいろブルックナーなのですが、ファゴット大活躍だったり、木管も3番以降よりも活躍していたり、ちょっと今まで聴いてきたブルックナーの交響曲とは違う面もたくさんあって。そんなに長くない(62分)し、編成もごく普通の2管編成だし、ブルックナー苦手な人もこれならいけるんじゃないかな、と思いました。
あまりに気に入って、パーヴォさん&hr響のCD買っちゃおうかしら、と思ったくらい。
0番や1番にも非常に興味湧いてきて、ぜひ聴いてみたいです。

演奏も勿論とても良くて、NHKホールであることを忘れそうになるくらい楽しめました。
こないだのマーラー8番より今日のブルックナー2番の方がずっとずっと良い演奏でした。感激。ちょっと泣きそうになってしまいました。やっぱりブルックナーは素晴しい…。

と興奮覚めぬまま、終演後はBunkamuraへ…(ただしオーチャードではない)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です