演奏会受付

(おそらく)10年以上振りくらいに演奏会受付のお仕事。社会人になってからも今まで何度か依頼されたことはあったけど、練習だったり、何かしら用事があってお断りすることが多かったのですが、今回奇跡的(?)に何の予定もない日だったので。
演奏会受付というのは「まぁ謝礼がもらえるから6時間くらい拘束されても」という気持ちで行ったら全然駄目なのはわかっていて「今まで夢十夜で何十人もの人に薄謝で受付をお願いしてきたのだから、たまには自分が」という気持ちで引き受けました。まぁ、お手伝いに乗ったアマオケには夢十夜のお手伝いやってくれた人はいないですが、回り回ってね。お互い様ってやつ。

…と、割り切って行ってもやっぱり「5時間半拘束されてこれか…」という気持ちは拭いきれません。特に馴染みの薄いオケだと尚更。例えば自分の古巣のオケの受付だったら、交通費くらいいただければ「お手伝いしますよ」て言えると思うんですけどね。あと知り合いが沢山乗ってるオケとか、好きなオケだからちゃんと存続して欲しいとか(まぁ、好きなオケだったら客として聴きに行きたいけど)。

きっと受付って最初は皆「お手伝いしますよ」の気持ちでお互いやっていて、でもさすがに無料じゃあれだから「少しばかりの御礼」を渡していた…て感じだったんだろな。それが、その内「馴染みある人」にお願いできなくなって、でも謝礼は薄謝のままで、「申し訳ないけど…」てなってしまったんだろう。と想像。

今まで受付ってノータッチだったので、あんまりちゃんと考えてこなかったけど、一度受付を引き受けて、大した仕事内容ではないとはいえ、やっぱり休日5時間も6時間も拘束するっていうのは大変なことだから、それなりの謝礼を渡すべきなのではないかと思いました。(別に今日の謝礼が少なくて文句を言っているわけではないです。冒頭に書いたようにそれは納得して手伝いに行ったわけですから)
アマオケプレイヤーは皆さん、一度は受付経験した方が良いのではないかとも思いました。まぁ、経験しなくてもきちんと想像力働かせてきちんとした待遇で受付お願いするのがあるべき姿でしょうが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です