パーヴォN響:マラ8

待ちに待った夏休み明け初の演奏会は特別演奏会。
木曜にN響ってだけでうっかりサントリー行きそうになります。無事間違えずにNHKホール到着。

  • N響90周年記念特別演奏会 19:00play@NHKホール
    マーラー: 交響曲第8番 変ホ長調

    • 指揮: パーヴォ・ヤルヴィ
    • ソプラノ: エリン・ウォール
    • ソプラノ: アンジェラ・ミード
    • ソプラノ: クラウディア・ボイル
    • アルト: カタリーナ・ダライマン
    • アルト: アンネリー・ペーボ
    • テノール: ミヒャエル・シャーデ
    • バリトン: ミヒャエル・ナジ
    • バス: アイン・アンガー
    • 合唱: 新国立劇場合唱団
    • 合唱: 栗友会合唱団
    • 児童合唱: NHK東京児童合唱団

演奏始まる前から奏者の人数に圧倒されてしまいました。NHKホールの舞台って広いんだなぁ、などとしみじみ。あんなに沢山乗っちゃうんだもの。合唱が凄かったですね。舞台半分埋まってたもの。
フルートは神田さん、オーボエは茂木さん、でした。もちろんピッコロに菅原さん。

出だしはばらっとしてて「オイオイ…」とかなり不安になりましたが、曲が進むに従ってどんどん引き込まれてしまいました。良い演奏でした。特に終盤が良かった。
あとバンダ。バンダは2階席の通路にいたけど、あの真後ろの人舞台見えなくなっちゃうのね。バンダの音だって真後ろだから聴きづらくなるだろうし。ちょっと損だなぁ(そこそこのお値段の席なのに)。でもバンダの音は良く響いていて3階席最前列で聴く分には非常に良かったです。

豪華で楽しめましたが、マラ8は大音量のシーンが多くてちょっと疲れますね。でも良かったからいいや。
来週も再来週もパーヴォさんとN響の演奏会。楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です