タイトル通り。
Ubuntu 16.04LTSがリリースされたよとログイン時にお知らせされたので、早速do-release-upgrade。VMwareにインストールされてるUbuntuです。つらつらダウンロード…。

…の途中で、ホストOS (Windows10) を再起動するハメに陥る (面倒なので経緯は省略)。
Ubuntuのupgrade終わるの待てばいいのに、ついついCtrl-C。
再起動後do-release-upgradeしたら途中で止まってしまいました。
リトライするも “Checking for a new ubuntu release” の表示が出るだけで終了してしまう。

もしかして、と思って apt-get update & upgrade してみたけど、これもうまくいかない。
/etc/apt/sources.listを確認すると、これは既にxenialになってるもよう。あらあら、これは失敗するわ。というわけで、

とかして、

でどうにか解決しました。

ちなみにぐぐり中に
このサーバーのdo-release-upgradeに失敗した | かーみーのチラ裏
という記事を発見し、

以下のコマンドで中断したパッケージインストールを再開できるようです。
sudo dpkg -C
sudo dpkg –configure -a

という情報を得たのですが、うまく行きませんでした。ダウンロード済みじゃないと駄目なんでしょうね。

その後、何事もなく無事終了したかというとそういうこともなく…。
こんな変なことしたせいだと思いますが、

W: Unknown Multi-Arch type 'no' for package 'kwin-dev'
...(略)...
W: これらの問題を解決するためには apt-get update を実行する必要があるかもしれません

だの、

以下のパッケージには満たせない依存関係があります

だの、設定に失敗しましただの、文句を言われながらも一応アップグレードし終えました。

はぁ、これで一段落。
と思ったら、先日ビルドしてこれから使い方勉強しようと思っていたns3のビルドができなくなってしまった。
しかもvmware-toolsのインストールがうまくいってないようで、コピペができません。不便過ぎる…。
参ったなぁ。