重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)こういう本は聴き流すんじゃなく、じっくり読んで考えながら読みたいなぁと思ったのですが、お試し的にfebeで聴いてみました。
読み終えてみて、やっぱりジョギングしながら聴くのに向かない本だったなぁ、と。一文一文意味を考えながら読むというのが、オーディオブックではできないので、後半は完全に置いてかれました…。
目次はこんな感じ。

第1章:重力の七不思議
第2章:伸び縮みする時間と空間 – 特殊相対論の世界
第3章:重力はなぜ生じるのか – 一般相対論の世界
第4章:ブラックホールと宇宙のはじまり – アインシュタイン理論の限界
第5章:猫は生きているのか死んでいるのか – 量子力学の世界
第6章:宇宙玉ねぎの芯に迫る – 超弦理論の登場
第7章:ブラックホールに投げ込まれた本の運命 – 重力のホログラフィー原理
第8章:この世界の最も奥深い真実 – 超弦理論の可能性

量子力学くらいまでは割と聴き覚えのある話なので「ふんふん」という感じで楽しめました。
光速一定なのはマクスウェルの方程式では示されてた、というのは知らなかった。けど、電磁気学で習ったかもしれない。電磁気学は落としてしまったので何ともですが…。そう、電磁気学も真面目に勉強し直したいんですよね。などということを思い出してしまいました。
せっかくCaltechでファインマン物理学が公開されたのだから、きちんとやり直したいなぁと。

フラットランドの話が結構面白かった。そういえば中学のときに数学の先生にも二次元世界の話をされて、とっても興味深く聴いたのを思い出したのでした。この本も是非読みたい。

というわけで、結構肝心な後半をきちんと理解できなかったため、近々(?)図書館で本を借りるか、電子書籍を購入するかして、リベンジ予定です。…って、これ結局読まないフラグですが…いやいやちゃんと読みます。たぶん。